ラポール合同会社|和歌山市の福祉用具レンタル・販売

ラポール合同会社|和歌山市の福祉用具レンタル・販売

ラポールブログ

ラポールブログ

リフト

2017/1~2017/12でのリフトの普及率について調べてみました

資料はあるレンタル卸業者から提供して頂きました

対象地域は近畿2府4県限定です

卸業者からも聞いていましたが、他府県はリフトの依頼があるが和歌山は依頼がない、依頼があっても導入に至らないと・・・

弊社は和歌山を中心にレンタルを行っており、数字で確認するとわずか数パーセントでした

この結果は「本当に」という驚きでしかなかったです

これは、進める側のリフトに関する意識の違い、そして知識や技術に大きな違いがあるように思いました。
弊社は10数年前から在宅生活ではリフト導入は不可欠と考え、国内だけではなく海外に行きリフトに関して視察研修に力を入れてきました

その中で、ある国での視察研修で大きな衝撃を受け、自分自身の意識を大きく変えないといけないことに気付かされました

この衝撃は私自身ではなく知り合いがまさに遭遇していることを目の当たりにしたことがあり、本当なんだなあと実感させられました


皆さんは「職場における腰痛予防対策指針」について知っていますか?

介護の分野において、「抱え上げ」は原則行なわせずリフトなどを積極的に使用することと書かれていることを


今まで自宅での生活でリフト導入させて頂いたご家族・ご本人様から聞かせて頂いた事で共通点があります

①リフトは大きく大げさと思い不安だったが楽になった。気持ちに余裕が出来た
②これがあるから自宅で介護が出来ている。これが無いと出来ない・不安
③まだ介護が出来てるからと思っている時期でしたが、早い段階で導入してくれて良かった
④娘や息子との仲が良くなった
⑤自宅に来てくれるヘルパーさんはリフトを知らないの?なぜ私(ご家族様)が教えるの?
⑥車いすの乗り移りの時、身体が痛くない
⑦家族に笑顔が出たように思う
⑧このようにしたら、より使いやすくなった
などの声を頂いています


弊社はリフトの利用については、周りのサポートする人たちの意識、介助される方の思いや決意・意識、場所、時間(導入時期)が最優先になると思います。もちろん、そこには費用がかかります

しかし、費用対効果は上記内容からでも十分ご理解頂けるのではないかと思います

リフトの知識・技術・指導の分野では劣っていないと考えていますが、弊社は非常に小さい会社でありリフト導入の啓発はなかなか出来ていません
個の力は小さいですが、リフトに関して同じ志や知識・技術を持った者が集まれば大きな力なり、これからの在宅生活のサポートとして大きな力になると弊社は考えています

これからもリフト導入を前向きに考え続けていきたいと思います




福祉用具レンタル・販売、住宅改修をおこなっております。
また、居宅支援事業所ケアプランハウスうららでは、ケアマネジャーが介護全般のご相談に応じ、ケアプランの作成をしております。
お気軽にご相談、お問い合わせください。

ラポール合同会社ホーム > ラポールブログ